豆まきをしました

2月2日(金)豆まきをしました。

各クラスで鬼の面を作り、遊戯室でどんなお面を作ったか見せ合いました。

 

0歳児は、鬼の髪の毛を絵具のスタンプで作りました。男の子は青鬼、女の子は赤鬼ですよ。

 

1歳児のお面は筆を使い、好きな色を土台に塗りました。

そして折り紙をちぎって、のりで貼りましたよ。

折り紙も指先を使いながら頑張ってちぎり、

「1の指でね」と声をかけながら、のりをつける子どもたちでした!

 

2歳児は好きな色の画用紙を選んで、先生と一緒に折りました。

小さな手で紙をしっかりと抑えることは、意外とむずかしいんですよー。

当たり前に毎日見ている顔のパーツ。あれ?ここだったかな???と考えながら貼りました。

 

3歳児は,紙皿に好きな折り紙をちぎってのり付けしました。

まゆ毛と目のパーツは、自分たちではさみを使って切りましたよ!!

「優しいが鬼がきますように…♡」とお願いを込めて作りました・

 

4.5歳児ははさみで鬼の髪を切ったり、顔の輪郭を切りました。はさみの使い方が難しいと苦戦する子もいましたが、最後まで頑張って完成させていました。

鬼の顔に色を塗ったり、パーツを思い思いに描いたり、きらきらテープを貼ったりと世界に1つしかない自分だけのオリジナル鬼が出来上がりました!

本物の鬼とどちらが怖いかな??

 

 

 

こども園の子どもたちのおなかの中にはいろいろな鬼がいます。

たとえば・・・

玩具などで遊んだ後、片づけをやりたくない【片づけいやいや鬼!】

お友だちにいじわるをしてしまう【いじわる鬼!】

食べ物を「これ好き」「これ嫌い」と言う【好き嫌い鬼!】

などなど・・・

さあ、自分の中にいる鬼をやっつけよう!!

他のクラスの友だちに豆を投げてもらいます。

「鬼はーーー外!」

「福はーーー内!」

元気のよい声が出ていました。

 

楽しく豆まきをしていると、来ました来ました、鬼が二人も!!

みんな怖がり、中には泣いてしまう子も。

 

ちょっと怖かったけど豆をまいて鬼を追い払うことができました。

みんなのおなかの中にいる鬼は出ていったかな?